FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み終了

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

トーマの心臓

昨日、NHK BS-hiで、大曲花火大会の中継をやってたので
部屋の電気を消してアイス食べながら見てた。
大曲花火大会もスマステーションで紹介されてたけど、
全国一?有名な花火大会で、秋田県のこの地区の人口が数万人なのに、大会当日は20万人くらいの人が集まるらしいのビックリマーク
BSで毎年生中継してることも今年初めて知ったよ。

最初は現地へ行きたいと思ったけど、
この花火大会のために、一年前から宿を予約する人もいるくらいらしくて
スマステーションで紹介された後には取れるはずもなく…

でも、冷房きいた部屋でゴロゴロしながら見れるって贅沢よねドキドキ
5.1chスピーカーのおかげで臨場感も抜群!
(棚の上においてあったCDが、音の振動で落ちたくらい笑)

花火たっぷり堪能したあと、
そのままテレビ付けっぱなしにしてたら、
「トーマの心臓」の演劇が始まった。

私、実はこのマンガ、タイトルは知ってるけど読んだことなくて。
友達から「BL(ボーイズラブ)だよ」と聞いたことあったけど、
どんな話かなと見始めたら
ストーリーが気になってついつい全部見ちゃった。

しかも今回放送してた舞台は、
「所属団員は全員男」っていう劇団で、
女性の役も男性がやってた!
そんな劇団、初めて知ったよ…

演技じゃなくて、リアルBL?って妄想しちゃうよね(笑)


なかなか面白かった。
たぶん、演出上、生々しい表現はぼかしてたりするんだと思うけど
後半ちょっとわかりづらかったので
原作を読んで見たくなったよ。


…これきっかけで、BLの道に脚を踏み入れちゃったらどうしよう(笑)

【新婚旅行レポ】21★ジョジョと奇妙なベネチア市内観光※ただし瀕死※

これまでの記事はこちらから。

【新婚旅行レポ】1★アリタリア航空のCA  
【新婚旅行レポ】2★ローマのホテル<Rose Garden Palace>
【新婚旅行レポ】3★バルベリーニ駅の惣菜屋でディナー
【新婚旅行レポ】4★カプリ島1日ツアー①
【新婚旅行レポ】5★カプリ島1日ツアー②
【新婚旅行レポ】6★バチカン美術館半日ツアー
【新婚旅行レポ】7★サン・ピエトロ大聖堂~L'ISOLA DELLA PIZZA
【新婚旅行レポ】8★ローマ市内観光
【新婚旅行レポ】9★コロッセオとフォロロマーノ
【新婚旅行レポ】10★真実の口~ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂
【新婚旅行レポ】11★ユーロスターでフィレンツェへ
【新婚旅行レポ】12★フィレンツェ<GALLERY HOTEL ART>
【新婚旅行レポ】13★TRATTORIA ACCADIでディナー
【新婚旅行レポ】14★おばちゃんパワー再び@ウフィツィ美術館
【新婚旅行レポ】15★カフェジッリで雨宿り
【新婚旅行レポ】16★アカデミア美術館~ランチ@ガブリエッロ
【新婚旅行レポ】17★ドゥオモ!~初ジェラート
【新婚旅行レポ】18★ピッティ宮~サント・スピリト教会
【新婚旅行レポ】19★水の都ベネチア「HOTEL WESTIN EUROPE®INA」
【新婚旅行レポ】20★サンマルコ広場「CAFE FLORIAN」


たっぷり10時間近く寝たら、少しからだが軽い気がした。
朝、窓から外をみるとこの日差し!
きれいだわ~~~

まめむら

朝食はどこのホテルもほぼ同じメニューのバイキング。
このホテルはテラス席があったので、
そこに陣取って食べてたんだけど・・・

まめむら

旦那が「ちょっとパンとって来る」ってせきはずした瞬間に
すずめすずめ横がやってきて旦那の食べかけの皿をつつきだしたーーーー!!


思わず私「えええええええええ?!えっと日本語で叫び、
「ダメ!あっちいって!」と追い払った。

が、その後も何度も何度も狙いに来る・・・
よくよく回りを見てみると、
食べ終わった人が席たった後にも特攻かけてるじゃないの!

ローマにもフィレンツェにもオープンカフェはたくさんあったけど
こんなに鳥がたかってることなかったよ?!

結論:ベネチアの鳥は貪欲


朝食を食べ終わった後、部屋に戻って少し休み、
11時ごろからベネチアの街を散策しに出かけました。
実質この日1日しか観光できる日がないので
めいっぱい動かなきゃ!と思ってたんだけど・・・

体調悪すぎのため、いつものリサーチ癖を発揮できず
当てもなく彷徨う羽目に・・・
ここ、どこ?って言いながら歩いてた(笑)


まめむら
階段でも休憩します。


まめむら
ゴンドラ工場みたいなところにも迷い込みます。



まめむら
路地裏にも迷い込みます。(旦那の微妙なポーズ・・・)


まめむら まめむら
せっかくなので(イタリア)ジョジョ立ちもします。
※右:参考画像




歩いていたら、島の先端にたどり着いた。

まめむら

ここには現代美術館があるんだけど
(安藤忠雄がデザイン した有名なやつ!)

その美術館の前、島の先端にたたずむ少年・・・
死んだ目でカエルを持っている・・・
まめむら
これはいったい・・・!
カエルということは「メメタア!」なのか?!そうなのか!?
(※ジョジョネタ好きすぎですいません笑)
現代アート恐るべし・・・

そしてこの少年の写真を撮る私の目も死んでいた。ぜぇぜぇ。
いつもなら喜んで美術館に入るのに、素通り。


この日は本当に涙が出るほど天気が良くて、
雨よりは全然いいんだけど、良すぎて体力奪われる。
まめむら
この空よ・・・!


まめむら
なので、すぐ座って休みます(笑)


リアルト橋までいきたかったけど、
その元気もなくて、結局そのまままたサンマルコ広場に戻ってきちゃった。
昨日とは違うカフェに入って軽食。
またサンドイッチとトロピカルジュースを飲んだ。

まめむら

たぶん、この旅行で初めてのまともな2ショット!
店員さんが撮ってくれました。

もちろん、チップも取られたけどね!(微笑)



この日は夕方にゴンドラセレナーデの予約をしてあったんだけど、
それまで体力が持たず・・・
1時間だけ寝よう!と15時前にホテルに戻ったのでした・・・。



イタリア滞在 残り20時間



つづく。

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

【新婚旅行レポ】20★サンマルコ広場「CAFE FLORIAN」

またまた間あいちゃいましたが、新婚旅行レポート、ラストスパート!
残り5エントリーくらいで終わる予定。

これまでの記事はこちらから。

【新婚旅行レポ】1★アリタリア航空のCA  
【新婚旅行レポ】2★ローマのホテル<Rose Garden Palace>
【新婚旅行レポ】3★バルベリーニ駅の惣菜屋でディナー
【新婚旅行レポ】4★カプリ島1日ツアー①
【新婚旅行レポ】5★カプリ島1日ツアー②
【新婚旅行レポ】6★バチカン美術館半日ツアー
【新婚旅行レポ】7★サン・ピエトロ大聖堂~L'ISOLA DELLA PIZZA
【新婚旅行レポ】8★ローマ市内観光
【新婚旅行レポ】9★コロッセオとフォロロマーノ
【新婚旅行レポ】10★真実の口~ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂
【新婚旅行レポ】11★ユーロスターでフィレンツェへ
【新婚旅行レポ】12★フィレンツェ<GALLERY HOTEL ART>
【新婚旅行レポ】13★TRATTORIA ACCADIでディナー
【新婚旅行レポ】14★おばちゃんパワー再び@ウフィツィ美術館
【新婚旅行レポ】15★カフェジッリで雨宿り
【新婚旅行レポ】16★アカデミア美術館~ランチ@ガブリエッロ
【新婚旅行レポ】17★ドゥオモ!~初ジェラート
【新婚旅行レポ】18★ピッティ宮~サント・スピリト教会
【新婚旅行レポ】19★水の都ベネチア「HOTEL WESTIN EUROPE®INA」



ホテルでしばしの休息をとった後、
ホテル周りをぶらぶらと散歩することにしました。

細い道にブランドショップが立ち並ぶ通りを抜けていくと
大きな広場に出た。ここが、サンマルコ広場。

まめむら

四方を建物に囲まれた四角い広場なんだけど
おみやげ物の屋台があったり、
オープンカフェがいくつもあったり、
観光客いっぱいでかなり活気のある場所。

そして、鳥たちもとっても元気な場所・・・・・・・・・・・ガーン
ハトがものすごい低空飛行してくる。
残飯いっぱい、観光客いっぱいでパラダイスだわな。


イタリア通の人からお勧めされていた
カフェ フローリアンに行ってみようときょろきょろしてたら
生演奏している人たちが目に入る。
まさにここが、カフェフローリアン!
伝統あるカフェで、カフェ発祥の店とも言われているらしい。

まめむら

お値段もお高め。
そしてテラス席だとミュージックチャージ発生。
(屋内の席ならかからないらしい)
でも、あの演奏が聴けるなら払って余りあるよ!
だって楽器5台の生演奏だもの。ミニオケだよ!

まめむら

ぐったりして食欲がなかったので、
軽食のサンドイッチ的なものとカフェオレをオーダーしたよ。


まめむら

銀色のトレイにのって出てくるんだけど、
さすが、ただのサンドイッチでもオシャレ♪

まめむら
開きっぱなしのサンドイッチ・・・食べにくい・・・


サンドイッチ×2
カフェラテ ×2
ミュージックチャージ×2

で、合計50ユーロくらい。
軽食にしては高いけど、満足満足。


この広場、ここのほかにも2つほど
音楽の生演奏をやっているカフェがあるのだ。

まめむら
さっきとは別のカフェ。
お互いに、ほかが盛り上がってると自分たちも!と
盛り上がるテンポの速い曲を演奏したりしてた。
対抗意識?


まめむら

見えるところにライバル店。


暗くなるまで音楽を聴きながらこのカフェでゆっくりしてたんだけど、
陽が落ちてきたら肌寒くなってきたので、ホテルに戻った。
ベネチアは治安がいいらしいので、夜ももっと遊びたかったんだけど・・・
体力が持たず、断念。この日結局何も観光らしいことできなかった。

まめむら
夜のサンマルコ広場。きれい!

ちなみにこの日の夕飯はサンドイッチで終了。
なんとも寂しいベネチアディナー(涙)
魚介類、食べたかったな・・・。

ホテルに戻ってお薬を飲んで、
ざっとシャワーを浴びて眠りました。


イタリア滞在、残り36時間・・・。



つづく。

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

映画「借りぐらしのアリエッティ」

まめむら
実は、九州帰省前に東京で見に行ってました。
いまさらながら感想を。

最初はそんなに興味なかったんだけど、
たまたまTVでやってた「ケルトとジブリ」の特番を見てから
気になりだしたの。

それに、
病弱な美少年!しかも神木くんって!名前は翔って!
萌えポイントありすぎだっつーの!(笑)

まめむら


-----------------------------------------
<ストーリー>
イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学
「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。
監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、
「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。
身長10 センチの小さなアリエッティ一家は、
人間が住む家の床下で、さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた。
彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。
しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。
-----------------------------------------


感想は、というと、素直に面白かったです。
宮崎駿監督の、ここ10年くらいの作品って
「話の流れよくわかんないけどとにかくスゴイ」っていうか
「面白い」よりも心にぐっさりくる強烈なインパクトがあったんだけど
(ポニョとかハウルとか千と千尋とか・・・ちょっとグロくて不思議な感じ)
アリエッティはすんなりと楽しめる作品だったよ。


ストーリー自体は特筆して面白いものじゃなくて
CMから想像できるとおりの
「小人が人間に見つかって、その危険を乗り越える」
っていうまんまのお話でした。

小人の世界のお話だから、
人間界から見たらすごくちっぽけなことが大事件になるわけで
こじんまりした話になっちゃうのはしょうがないのかな・・・。

でもその分、映像がすごい!
小人の目線で人間界を見ると、こうなるのかー!とか
小人の世界ではこんな風になるのかー!という
驚きとワクワクがいっぱいつまってるの。


まめむら
アリエッティさん、想像以上に小さかった。

たとえば、アリエッティたちがお茶を飲むシーン。
小人サイズのティーポットからお茶をカップに入れるんだけど、
人間界のように流れるようには出てこなくて
1滴1滴ぽたぽたと落ちてくるの。
水って表面張力があるから、すっごく小さい穴から水をだすと
(中から圧力をかけない限り)流れないってことなんだと思う。

ただ小さいだけで人間と同じように描くんじゃなくて
ちゃんと小さかったらどうなるか?っていう想像をめぐらせて描いてる。
(とはいえ、本当に物理的に考えたらありえないことが多いらしいけど。苦笑)
それがすっごく面白かった!

「アリエッティたちからみた人間界」の映像が良かっただけに
展開がちょっとこじんまりしすぎてたのが残念。
悪役的な「小人を捕まえようとする家政婦のハルさん」がいるんだけどさ、
この人がなんで異常なまでに小人に敵対心?を抱くのかが良くわかんなかったし
もっと少年の病気設定を生かしたりとかもできたんじゃないかしら。
少年が死に掛けたところをアリエッティが助ける→絆深まる、とかね。

あまり目だった起伏がなくて、ふんわりとお話が終わりました。

ジブリらしい雰囲気を漂わせつつも、
どこかやわらかい(悪く言うとぼんやりした)感じの映画。
もちろん、映像は本当にきれいなので、映画館で見る価値はあるよ!
アリエッティから見た「人間の巨大な台所」感とか
やっぱり大きなスクリーンで見たほうがいいもんね。



●私的びっくりポイント

・アリエッティが想像以上に小さい
(倍くらいあるかと思ってた。
 だって髪の毛止めてるの、洗濯ばさみだと思ってたから・・・)


・そのため、虫がドアップで登場。危険。

・藤原達也が声を当てた「スピラー」が超チョイ役

・「借りぐらし」とはいいつつ、借りたものは返しません!(キリッ)

・隣の席で見ていた女子高生らしき子が映画を見た後に言った一言
 「私、ずっとアリエッティが人間なんだと思ってた!」
 おいおいおいおいおい(笑)




裏テーマは、ジブリお得意の生と死かなぁ。

・このままでは死んでしまう病気の少年
        矢印
・必死に生き延びようとする小人たち

っていう対比。

少年の「君たちは滅び行く種族なんだよ」に対する、
アリエッティの「私たちはそう簡単に滅びたりしないわ!」という言葉。
生をあきらめた少年と、あきらめない小人っていう対比なんだろうな。

そして、物語が進んでいく中で、
小人に勇気をもらって生きることに前向きになる少年。
生を追い求めるけれど滅び行く未来が見えている小人たち。

意思と結果が入れ替わってる。複雑。

もっと深い考察できそうだけど、
とりあえずこんな感じかなぁ。

theme : スタジオジブリ
genre : 映画

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

★みーや★

Author:★みーや★
iAのこと。毎日のこと。ごはん。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
★ぷよぴたっ★
クルーク
天気予報
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。